植物性シリカ SiO2

植物性シリカ

希少価値の高い「植物性シリカ/SiO2」を安定供給

Carbon Powder

■ カーボン・パウダー

珪素集積植物から当社独自の高温反応製法にて生成。
非晶質の植物性シリカを主成分としたオリジナル物質がカーボン・パウダーです。

■ 物質の多様性

カーボン・パウダーの特徴は、非晶質、多孔質(アモルファス構造)、水溶性、高硬度、吸着性、遮熱耐熱性、遠赤外線放射性などさまざまな特徴・性質を持ったレア素材です。

■ 植物性シリカ(非晶質)の安全性

世界保健機関(WHO)付属機関、国際ガン研究機構(IARC)で鉱物性(結晶質)シリカは発がん物質に分類されていますが、植物性(非晶質)シリカは発ガン性物質には分類されていません。
また、植物性(非晶質)シリカは食品添加物としての使用が厚生労働省より認可されていますが、鉱物性(結晶質)シリカは食品として認められておらず、食品添加物としての使用も認められていません。

(ご参考)平成13年4月6日 日本産業衛生学会 許容濃度等に関する委員会 結晶質シリカ 発がん物質分類
https://www.sanei.or.jp/images/contents/290/Silica_crystalline_carcinogenicity.pdf

■ カーボン・パウダー活用

健康商品

健康商品

 化粧品

化粧品

 建設資材

建設資材

 農業資材

農業資材

  • ■シリカ水
    飲料水
    濃縮原液
  • ■遠赤外線テープ
    パッドサポーター
  • ■サプリメント
 
  • ■化粧水
  • ■クリーム
  • ■美容ドリンク
  • ■パック
  • ■トリートメント
 
  • ■遮熱塗料
  • ■耐熱建材
  • ■固化剤・補強材
  • ■吸着剤
  • ■消臭剤
 
  • ■土壌改良剤
  • ■育成促進剤
  • ■珪酸水
  • ■栄養吸収
  • ■ハウス暖房

カーボン・パウダーの多様性を活かし、さまざまな分野や用途で新たな商品・製品の開発に取り組みます。

■ 新エネルギー利用

カーボン・パウダーは、今までにない新たなエネルギー源となる物質特性を持っています。エネルギー利用に向けた研究開発、カーボン・パウダーをエネルギー源とした多様な製品の開発・実用化に取り組みます。

HEAT SERVER

NEW Energy

■ 物質データ(試験分析・調査検証)

■ カーボン・パウダー 画像集

カーボン・パウダー 画像集1   カーボン・パウダー 画像集2
     
カーボン・パウダー 画像集3   カーボン・パウダー 画像集4
     
カーボン・パウダー 画像集5   カーボン・パウダー 画像集6
     
カーボン・パウダー 画像集7   カーボン・パウダー 画像集8

ページの先頭へ戻る